野菜のビタミンは調理法を考えないとほとんど体に吸収されない

野菜にはビタミンがたっぷり含まれていますが、ただ食べればいいというわけではありません。

ビタミンには油溶性と水溶性がありますので、調理法を考えないとほとんど体に吸収されないということにもなりかねません。

油溶性ビタミンの多い野菜と注意点

油溶性ビタミンが含まれた代表的な野菜は、ほうれん草や小松菜、モロヘイヤ、にんじん、ブロッコリー、かぼちゃなどです。

油溶性ビタミンを含むわけですから、当然効果的な調理法は油を使ったものになります。

サラダのドレッシングに油が含まれているのは、このことを経験的に知っていた昔の人の知恵なのでしょうね。

お勧めの調理法はやはり油炒めでしょう。

油溶性ビタミンは水溶性ビタミンと違って、油に溶けた状態で脂肪組織や肝臓などに貯蔵されます。

そのため、まれに取りすぎると頭痛や家といった過剰症の恐れもあります。

長期間にわたって取りすぎた場合でもない限りは、過剰症の恐れはほとんどありませんが、油自体が取りすぎると体に悪いわけですから、十分に注意が必要です。

使う油もできるだけ体に良いものを選ぶようにした方が良いでしょう。

水溶性ビタミンの多い野菜と注意点

水溶性ビタミンを含む代表的な野菜はブロッコリー、ピーマン、ほうれん草、カリフラワー、アスパラガスなどです。

水溶性ビタミンは水に溶けるわけですから、野菜を水洗いをしたり茹でることで、ビタミンが溶け出して外に出てしまいます。

ですから、効果的に野菜から水溶性ビタミンを取るためには、蒸す、茹でるなどの調理方が良いでしょう。

水を使って調理する場合は、茹で汁も摂取できるような料理を考えるか、スープにして飲むことを考えれば、水に溶けていたビタミンを無駄なく摂取することができます。

水溶性ビタミンは、水に溶けるため体の中に貯蔵することができず余分なものは、すぐに体内に排出されてしまいますので、過剰摂取の心配はありません。

水溶性ビタミンの入ったサプリメントをとった時に尿が黄色くなってびっくりした人もいるかもしれませんが、この黄色がまさに水溶性ビタミンの色なのです。

ただし、過剰摂取の心配がないことは、すぐに体内からなくなってしまうと言う事でもあります。

取りすぎの心配がないからこそ、水溶性ビタミンの入った野菜はこまめに食べるようにしましょう。

SNSでもご購読できます。