青汁は自分の一番続けられるタイミングで飲む

体の調子を整えるために必要不可欠な栄養素を一度に、気軽に摂取することができる青汁。
ですが、飲むタイミングはいつ頃が一番効果的なのでしょうか。
実は、青汁を飲むタイミングはどのような目的で飲んでいるのかによって変わります。

まずは野菜不足を解消したい、多くの栄養素を摂って健康でいたいと願う方の場合です。
この場合、おすすめなのは朝食時です。

人は寝ている間もエネルギーを消費します。
そして朝起きたときには体はエネルギー不足の状態。
これから活発に動くためにも、多くのエネルギーを必要とします。
そのため、体は食べ物から少しでも栄養素を多く吸収、体を動かすために必要な栄養素を摂ろうとします。

つまり朝食時に飲むと、体はより多く栄養素を吸収してくれるのです。
青汁の栄養素を余すところなく体が吸収してくれるので、より効果が高まります。

次にダイエット目的で飲んでいる方の場合です。
この場合、おすすめなのは食前です。

食前に飲むと、お腹の中で青汁に含まれる食物繊維が膨らみます。
さらに空腹時にお腹の中にモノが入ることで、満腹中枢も刺激されます。
結果、通常より少ない量でも十分満足できるようになります。

特に夕食時は必要以上に食べてしまうと十分に消化しきれなかったり、カロリーが消費しきれないことがあります。
夕食は朝食・昼食に比べて少ない方が良いので、もし夕食をただ少なくするだけでは物足りない場合は、夕食前に飲むようにしましょう。

一方、血糖値が気になる方の場合は食事中に飲むのがおすすめです。
血糖値とは血液中に流れる糖分の量のこと。
この糖分の主な材料は、ご飯や小麦粉などの炭水化物です。

そして青汁に多く含まれる食物繊維には炭水化物の吸収を抑える作用があります。
炭水化物と一緒に摂ることで、炭水化物の吸収を抑えることができます。
この場合も、特におすすめの時間帯は夕食時です。

糖分は脳の栄養素となるので、日中の活動には必要不可欠です。
一方夜は日中ほど脳も活動しなくなるため、その分糖分も必要ではなくなります。
夕食時に炭水化物を食べる場合は、少しでも炭水化物を抑えるために食事と一緒に飲むようにしましょう。

そして便秘を解消したい場合、おすすめなタイミングは2つあります。

1つ目は就寝前です。
就寝前に飲むことにより、寝ている間に食物繊維が腸の中をキレイにしてくれます。
また、就寝前に飲むとちょうど朝に便意が感じられるようになります。
ただし、食物繊維が腸の中に入ると腸が活性化するため、中には寝ている最中気になってしまう方もいます。

その場合には朝飲むのがおすすめです。
朝飲んだ場合、実際に便意が感じられるのは少し遅れてになりますが、腸の動きは寝ているときに比べて気にならなくなります。
どのタイミングでトイレに行きたいか、寝ているときに腸の動きが気になるかどうかで決めるといいでしょう。

このように、悩みによって青汁を飲むタイミングを変えることにより、より効果的に力を発揮するようになります。
しかし、もっと大切なのは自分の飲みやすいタイミングで飲むこと。

無理に時間を合わせようとせず、自分の一番続けられるタイミングで飲むようにしましょう。

SNSでもご購読できます。